topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼球疲労筋肉痛。 - 2015.10.03 Sat

朝夕の寒暖の差のため体調を崩しているお友達が多いようです。
秋アレルギーの疑いも。自分も発症中です。
何より只今眼球疲労と戦っています。というのも・・・・・
あんなに拒絶反応が出ていたi pad を購入したうえに
絶対に手を染めないと誓っていたインスタグラムにどっぷり染まっていて
i pad のスライドに目が追いついて行けていない状況なのです。
操作に慣れるため日々インスタグラムをアップしています。
コメントを返す余裕などなくて・・・ただただ作品集を制作する感じでアップしています。
やり始めるとなかなか面白いです。カエルさんやパオ君達に随分助けられて感謝です。
これでまた一つ苦手を克服できました。納豆にもいつかチャレンジしてみます。
まだまだi pad を使いこなすには課題が山積・・・・・エベレスト級です。



DSCF6078.jpg



つたないスキルですが作品集だと思って覗いて頂けたら嬉しいです。
クマちゃん中心に構成しています。作品展に向けて頑張って制作中です。
i pad を前にあたふたする様子をジギーに覗かれてます。
初心者はやっぱり恥ずかしいなぁ。

DSCF6058.jpg



↓クリック↓
image1.jpg


スポンサーサイト

消化・吸収・排泄・回収・肥料。 - 2015.09.13 Sun

11月の作品展へ向けて日々コツコツと制作中です。
自分にとって作品展とは身体から排泄されたモノを回収し
皆さんの肥やしにして頂けたら嬉しいイベントです。
なので排泄物となると本来超恥ずかしいモノなのです。
それをお披露目して皆さんに吟味してもらうのですから
例えば・・・・・・このウンチの化石なら標本にしてもいいかな・・・と
思っていただけると同じくらい嬉しいコトなのですよ。
作家さん達がみな自分と同じ思いかはさておき
同じ香りのする作品展へとは引き寄せられるものです。

本日最終日だったのですがお世話になっているLUMOさんで開催された
伊場芳朗氏の作品展『Icon As Metaphor 道具と気配』へ足を運んで来ました。

DSCF6025.jpg

DSCF6016.jpg

DSCF6017.jpg



そのタイトルも興味をそそるものですが底知れぬパワーを持つ作品達からは
ただ者ではない気配を感じます。そして温もりも。
伊場芳朗氏は19歳の頃からアートで自分探しを続けてきた大先輩です。
なので排泄物も濃く深みもあり神々しい。で親しみやすい。
現在は福岡デザイン専門学校の校長先生でアートの種を蒔かれています。
お話しも楽しくて少年の様にキラキラ輝いておられました。

やっぱりオッサンは素晴らしいです。
オバサンの劣化もオッサンは味わいになる。
伊場氏の様な方に出会えるとパワーを注入できます。
つくづく感じるのはできる人はとても謙虚で人間味豊かです。

そんな素敵なオッサン紳士の伊場氏が「Cherry」を見て下さり
“自分と同じ香りがしますね~”と嬉しい発言を。
つまりウンチの質が近いということだと勝手に解釈しました。
将来は漁師となり創作活動を続けたいという夢も語って頂きました。
いいですね~。港町の情景が浮かんできます。
漁師道具の話でまた盛り上がれたらいいですね。
楽しみにしています。
漁師小屋がアトリエでも素敵ですよね。

嬉しいことに伊場作品が2点我が家にやって来ました。

DSCF6026.jpg

DSCF6027.jpg

モンキーレンチと鏨の作品です。
モンキーレンチのメタファーが“曖昧なお付き合い”
鏨が“視る修練”とのコト。
伊場氏は皆さんの感覚は十人十色で面白いとおっしゃってました。
懐の深さを感じます。
 

自分が感じたメタファーは
モンキーレンチが“スパナの兄弟あるいは猿の愛用品”
鏨が“身を粉にして身を生む”です。

どちらの作品も家宝にします。
特にこのモンキーレンチに出会うために引き寄せられたのかも。
実はモンキーレンチを使った作品を制作予定でした。
出会いは必然なんです。
以前古道具屋のおじいちゃんに頂いたモンキーレンチ。

DSCF6029.jpg

サビサビでクルクルもならない哀愁漂う宝物。
猿と並べた作品を制作予定です。
伊場作品にエネルギーを頂いて横に並べても違和感がない作品に。
同じ香りのするウンコをぜひぜひ。
検便しても大丈夫なように修練です。
素敵な出会いに感謝。










消化・吸収・排泄。 - 2015.09.13 Sun

日本中が五輪のエンブレム問題で揺れ動かされましたが
作品制作で何かの影響を受けることは多々あると思います。
アートもファションも温故知新のような流れがあるし。
自分は日々の体験が作品に大きく作用されます。
五感で受け取ったモノだけを摂取し消化吸収され排泄へ。
排泄されたモノが作品です。
刺激物なので全てよく噛み締めて栄養にして血と肉になった体から排泄。
パクリや盗作といわれる作品はきっと不消化でそのまま出っちゃった感が。
素敵な作品に魅力を感じ刺激を受けるのは当然で
音楽でいえばカバー曲はもろパクリなジャンルだけど
原曲とはまた違う魅了を放つモノは更に原曲を輝かせてくれています。
なのでカバー曲は責任重大で原曲へ最大の敬意をはらうべき。
作品に対する愛が必要だと思うのです。


自分が五感で受け取れるモノ。
自然の恵みはもちろんですが音楽・映画・本・アート作品からも刺激をもらえます。
けれどやっぱり自分の好きなモノ達から受け取るエネルギーは最強です。

例えばスパナ。スパナには偏愛さえ感じます。
至極お気に入りの赤いスパナ。

DSCF6012.jpg

経年によるシャビー感。質感もサイズも色も頬ずりしたくなります。
このスパナは作業台の近くに置いてていつでもスキンシップできます。
制作の原点のような存在。相棒ですね。
相棒にお友達をと思い制作したのがこのクマちゃんです。
スパナから栄養をもらい排泄したのでウンチクマとなります。

DSCF6013.jpg


スパナの他にも工具・道具からは多大な影響を受けています。
これらは全て人間が生み出したモノ達です。職人さん達にリスペクト。


石も大好きで蒐集していますが
人間が生み出しそれが自然に消化吸収され新たな造形物になった
可愛いウンチ石達は自分にとってパワーストーンです。

DSCF6015.jpg

DSCF6014.jpg

これらは洗面所のタイルや花壇の煉瓦だったモノが海の力で
このような姿になったモノです。
自然と人間のコラボ作品ですね。
自然のパワーには絶対にかなわないけれど
自分の作品はウンチ石達に近づける様になりたいです。
そのために自然体で力強くなりたい。
風・光・音・香り・・・・・やはり五感を研ぎ澄ませる訓練が必要ですね。


そして愛情のパワーも注入できたら幸せです。
先日メイドイン編集舎のナオちゃんとGサンが作品の撮影に来てくれました。
息の合ったお二人。仕事のリズム感が大変心地良くて沢山のパワーを頂きました。

DSCF6008.jpg

DSCF6004.jpg


仕事をする姿は美しいですね。
やはり体を温めて消化吸収を促進してくれるのは人のエネルギーなのです。
スパイス的だったり滋養強壮となったりもあるでしょう。
時には毒出しも必要です。
みんなでいい排泄したいですね。結局いつものようにウンチネタか・・・・・・。
あ・・・・・・ワンコ達のウンチの造形には日々刺激を頂いて幸せです。


パンプキンくま。 - 2015.08.23 Sun

20年程前に出会ったドイツのキッチンツール。
最近やっと良い塩梅になったのでブリキの箱に収めました。  

DSCF5946.jpg

馴染みの古道具屋で出会ったこの箱の裏には昭和7年製作と記してあります。
製作者は原田さんという方のようです。
まさにドイツと日本のコラボですが
まさか原田さんも我が家でこの様な形でディスプレイされるとは
想像もされていなかったでしょうね。
80年以上前に製作されたので・・・・・ご健在かどうか・・・・・・。
こんな風に時を経て残ったモノ達には生命力の様なものがあり
ストーリー性も秘めているので魅力的なんです。
ブリキの箱は家宝として今後も愛情を注いでいきますね。

ただ困ったことに同様のモノが我が家にはてんこ盛りで
特にドイツのキッチンツールのお仲間的な
台所道具・調理器具が壁や天井に吊るされてます。

DSCF5956.jpg

DSCF5953.jpg

DSCF5954.jpg

食いしん坊なので眺めているとそれだけで幸せなんですよね。
先日も移転されて益々素敵度がアップしたピクニカさんで調理器具と出会いました。
パンを発酵させる時に使用されたウクライナの古道具です。

DSCF5947.jpg

大戦前に使用されていたモノらしくかれこれ一世紀近く経過したことに。
経年の味わいもさる事ながら温もりがじんわりと伝わってきます。
木の器の中で生地が夢いっぱいに膨らみ美味しいパンになったことでしょう。
ウクライナは現在大変な状況ですがこのように
日本へやって来た温もりのある古道具を愛でながら平和を願います。
ピクニカさんは琴線にふれるモノと出会えます。
大楠に移転されてスープの冷めない距離になり楽しみが増えました。

キッチンツールといえば
カボチャさんを分解する道具に悪戦苦闘中です。
なかなか硬くて手強いカボチャさんの皮。
スッパっと分解できる道具はないかな・・・・・・。
過去に戦いの末に指を負傷したので包丁は要注意です。


作品制作で愛用しているチビチビノコギリはどうかなぁ。
今夜もカボチャさんが夜ご飯に登場予定なのでチャレンジしてみます!
チビチビノコギリを駆使しカボチャクマちゃんは既に作ってます。

DSCF5952.jpg


こちらはオズの魔法使いクマの佇まい・・・・・・。

DSCF5951.jpg


今夜も我が家のワンコ達は大好物のカボチャさんをゲット出来ます。
ワンコ達もカロテン効果で顔色がオレンジになるのかな。
秋に毛をかき分けて確認してみます。

ルーツ。 - 2015.08.16 Sun

先日iroあかりの店主・マツさんが久しぶりに遊びに来てくれました。
いつも眩しい笑顔と一緒にたくさんの手土産も運んでくれます。
特にマツさんのお母さんが自宅のお庭の畑で育ててあるお野菜。
お母さんの愛情の栄養をたっぷり吸収してすくすくと立派なお姿に。
自分の大好物のオクラさんも超巨大。

DSCF5884.jpg

右端のオクラさんはいつも食べているサイズ。
このサイズも店頭ではなかなかのモノですがお母さんのオクラさんは
茄子さんに近い風格です。味も最高!!!
こんなに美味しいオクラさんは初めて。
オクラさんの他にも茄子・トマト・パプリカ・・・・・そしてゴーヤさんも頂きました。
どの野菜も本当に美味しくてマツさんが羨ましい。
お母さんに感謝ですね。幸せなことですよ。

マツさんのお母さんは元気一杯でとってもチャーミングな女性です。
親子そっくりで微笑ましい。
なのでゴーヤさんの育て方も斬新で・・・・・・

DSCF5887.jpg

迷子にならないように紐つきです。
実はゴーヤさんを今回初めて食べました。
昔からゴーヤさんのボコボコしたルックスが苦手で
爬虫類に見えるという理由から。

お母さんのゴーヤは紐つきだからペット感もアップです。
それでも娘のリクエストに応えてゴーヤチャンプルに挑戦!
頑張りました。
きっとゴーヤを口にするのもこれが最初で最後です。
ジュラシック・ワールドを観に行っても恐竜の尻尾がゴーヤと重なり
ペットになった恐竜を連想しました。
ストーリーもそんな感じだったし。

おごり高ぶった人間はほぼ恐竜に喰われます。
恐竜をゴーヤ呼ばわりする自分もきっと喰われます。
それにしても恐竜には果てしない夢を感じます。
やっぱりティラノサウルスは手が短いけど最強です。
そのルーツを辿るのもワクワクします。

お盆には滅多に会う機会のない遠方の親戚に遭遇出来ます。
お互い年取りましたねぇ。
年取ると皮膚や骨格が似てくるんですね。
自分のルーツを辿りたくなりますね。
親戚からは昔から異端児扱いされてきたけれど
生物学・遺伝学的には間違いなく皆さんのお仲間です。
突然変異した結果かもです。

ジュラシック・ワールドではDNAを操作し新種の恐竜を誕生させていましたが
自分はそんな複雑な生物ではありません。
どちらかといえばゴーヤに近いと思いますよ。
今年のお盆は原点回帰になりました。

あ・・・・・マツさんがフクロウ達を連れて帰ってくれましたよ。
赤いフクロウです。ダルマの様になりました。

DSCF5880.jpg


こちらも突然変異の生物ですね。
マツさんがとっても喜んでくれたので新種として登録してみようかな。
最近つくづく感じるのは
心地良い関係を築ける人達とはそのルーツを辿ると
きっとどこかでリンクするのではないかということ。
共通するのは 皆さん突然変異であること。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

9cue

Author:9cue
福岡在住。
トイプー3匹&シュナ1匹と
格闘しながら創作してマス。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (2)
9cue (73)
9cue(キャラクター) (36)
frog 9 works (3)
frog iron works (5)
作品展示販売のコト (46)
常設店のコト (5)
ワンコ達 (24)
好きなモノあれこれ (44)
珈琲のコト (11)
本のコト (10)
植物のコト (12)
音楽のコト (9)
日々のコト (61)
未分類 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。