topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラー。 - 2015.09.22 Tue

先日hatte'の店主のユイコさんが多忙なスケジュールの中
11月の作品展の打ち合わせも兼ねて遊びに来てくれました。
超久しぶりの再会。数年ぶりです。・・・・・とは言っても
電話でいつも話しているので日々傍に居てくれてる感じなのですが。
ユイコさんとは本当に心地良くて濃厚な時間を過ごせます。
感性、価値観・・・・・魂が合うというか・・・・・色が合う。
色の感覚が合うって自分にとって大変重要で
これは全てのスタイルに影響を及ぼすものです。
人間の色気を感じるポイントもユイコさんとは同じ気がします。

そんなユイコさんがお気に入りの籠に秋を一杯詰め込んで届けてくれました。

DSCF6045.jpg

自分は籠から焼き芋タイプなのでユイコさんのこんなお茶目な所も魅力的なのです。
ユイコさんがコーディネートしてくれた秋の届け物は大人色でさすがです。
11月の作品展で彼女の手仕事の作品達が色を添えてくれます。
ちょっと早めに作品を見せてもらいました。
フランスのアンティークのニットを解いて編み込んでくれたコラージュのランチョンマット。

DSCF6043.jpg

9cue作品の色を感じながら制作してくれたそうです。
驚いたことに事前打ち合わせしたかのような色合いです。

DSCF6047.jpg

まるでクマちゃんのブランケットみたいです。
ユイコさんと自分の秋色が同じだったということ。
以心伝心。やっぱり色が合うんですね。
自分は以前より彼女の制作するコースターの大ファンで
今回作品展でもお願いしているのですが・・・・・独り占めしたいくらい可愛いです。
その一針のステッチが奥深いと言いますか・・確かな審美眼が培われてるラインなんです。
素敵なモノ達と暮らし続けた証ですね。
楽しい時間はあっという間でした。ユイコさんからはいっぱい刺激をもらえました。
作品展がたのしみです。お互い頑張ろうね。


こんな風に人からの刺激は五臓六腑に染みわたり制作意欲も上がります。
それと他にもこんな子達からもパワーをもらえています。

DSCF6050.jpg

1960年生まれ。ハンガリーからピクニカさんに連れてこられて我が家の仲間入りしたクマ達。
白クマは鼻の色が禿げていて我が家のシフォンに似ています。
遠路はるばる我が家へ来てくれた可愛い子達です。
この子達からパワーをもらい制作したクマちゃん達。

DSCF6049.jpg

2015年生まれのクマちゃん達。作者は1960年代生まれ。好きなカラーはいくつになっても変わりません。
全ての色に少量のブラウンを調合しアースカラーにします。
やっぱりややウンチがかると落ち着きます。
なので道端にコロッがっていても違和感のないクマちゃん達がいっぱい誕生中です。
いかんまたウンチネタだ・・・・・。
スポンサーサイト

釘付け - 2015.09.05 Sat

どなたでも密かな楽しみをお持ちだとおもいますが
自分の就寝前の楽しみは読書の他にもう一つ・・・・・
宝物の釘達を並べて眺めるコト。

DSCF5977.jpg


釘が好き過ぎて可愛い釘には目が釘付け。
特に役目を終えて引っこ抜かれた釘達には愛情を注ぎたい。
哀愁漂う姿には人生さえ重ねる。
釘は本当に奥が深い。用途に合わせて多種多様の釘があります。
現在は洋釘が主流ですが和釘は素晴らしいです。
サビサビの年代物の和釘を蒐集していますが
今もなお昔ながらの製法で和釘を製作している鍛冶屋さんがあるそうです。
是非訪れたいです。和釘達が誕生する現場を見てみたいですね。
自分の釘好きは幼少期から変わっていないようで
よくよく考えてみると釘を並べて遊んでいました。
釘が好きだからこのように制作も続けていられるのかも。

最近仲間入りしたのが蹄鉄の釘。

DSCF5984.jpg


釘の頭が四角なのも蹄鉄の穴を見ると納得です。

DSCF5988.jpg


夜な夜なこの蹄鉄の釘を並べて楽しんでいます。

DSCF5979.jpg


そして蹄鉄の釘は馬ではなく鳥の足になりました。

DSCF5985.jpg


クマちゃんと仲良しです。

DSCF5986.jpg


クマちゃんの手足には古いビス。
実はビスも大好きで・・・・・。ビスも多種多様のモノがあり楽しいです。
ただただ部品が好きなんですね。きっと。
くっつける 繋げる役割のモノが好きなんです。
自分の作品もそんな役目を果たせたらいいな。

今夜は銅釘を並べる予定です。

収まる。 - 2015.08.09 Sun

出版のお祝いにとプレゼントされた宝物。

DSCF5873.jpg

昭和初期に製造されたブリキの玩具のピストル。
この思いがけない素敵なプレゼントに
まさにハートを射止められました。
このピストルを収めるボードを制作しいつでも眺めれる場所に。
一緒に並べたかった宝物。

DSCF5874.jpg

父が昔・・・・・きっと昭和中期に制作したピストルの弾丸のようなハンマー。
色合いも風合いもピッタリンコ!

DSCF5875.jpg

父の弾丸ハンマーは玩具のピストルと仲良く収まる運命だったのでしょう。
収まるところに収まった。



収まるといえば以前ご紹介した古道具・るごろさん制作の箱。
機能美に溢れた賢い箱。

DSCF5869.jpg

るごろさん規格サイズの箱は自分にもピッタリサイズ。
また5箱購入することに。
収納が本当に楽しくなります。
絵の具もピッタリと収まってくれました。

DSCF5878.jpg

膨大な絵の具をスタッキングして収納出来ます。
それとCDも。

DSCF5871.jpg

この箱に使用している古材も昭和初期の建材です。
なので愛着も増します。
宝物もしっかり収めてくれています。



人もいつかは箱に収まるけれど
人生簡単に収まってしまうのは勿体無いな。
自分が箱になって色んなモノを吸収したいです。
まだまだ箱の中身はスカスカ。
外見だけはもろ昭和。


ずっと。 - 2015.07.26 Sun

先日糸島まで車を走らせました。
petani coffeeさんが移転オープンされたので
新しいお店で美味しい珈琲を頂くためです。

昨今の珈琲ブーム・サードウェーブに乗って
喫茶店文化も見直されたり個性豊かな焙煎屋が続々とオープンしたり・・・・・
珈琲好きの自分にはかなり嬉しい展開なのですが
全部をひっくるめてかなりのお気に入りなのがpetaniさんなのです。
人柄が焙煎に込められて愛情が抽出された本当に美味しい珈琲。

新店舗も笑顔が素敵な若い青年に負けない心地良い空間でした。

DSCF5787.jpg

DSCF5791.jpg

DSCF5789.jpg

DSCF5793.jpg


多種多様の植物で溢れた空間はまるで植物園の佇まい。
外のアプローチにはミモザ・オリーブ・トネリコなどの可愛い苗木が植栽され
これからお店同様この地にしっかり根付いていくんでしょうね。
珈琲が植物の恵みであることを実感できる焙煎屋さん。
これからもずっと訪れたい場所です。

ずっとずっと昔から大好きな珈琲。
これからもきっとずっとずっと。


petaniさんの次に訪れたのがダブルダブルファニチャーさん。
こちらで出会えたのがチェリーの木で作られたフォーク。

DSCF5824.jpg

ずっと木のフォークを愛用してきたので
このフォークの素晴らしさは一目瞭然でした。
持った感触・口当たりはその機能美が示す通りです。
我が家の定番になりそうです。ずっとずっとです。

ずっとずっとがあるのは幸せなことだなぁと感謝します。
好きなモノに囲まれた暮らし。
蒐集癖もあるせいかあれこれとずっとなモノが多いです。

例えば他に・・・・・銅のモノ。
15年前に訪れたイギリスの片田舎で
古道具屋のおばあちゃんに無理やり譲ってもらった銅のオケ。

DSCF5823.jpg


自分が可愛いから譲って欲しいとお願いすると
『こんなガラクタが可愛いの?』と怪訝な表情をしていたおばあちゃん。
こんな調子で銅のモノ達は増え続けています。

ガラクタだろうが新品だろうが連れて帰りたくなるモノ。
皆さん同じだと思うけど・・・・・感覚的なんですよね。
最近は人やモノに必然的に引き寄せられてる気がします。
素敵な出会いがずっと続いています。

ガラクタを一緒に可愛いねといってくれるお仲間に感謝。

創作連鎖。 - 2014.12.28 Sun

12月14日。
今年最後の筥崎宮蚤の市へ。

DSCF4830.jpg

蚤の市の醍醐味は
一期一会のモノとの出会い。
それは作品の素材だったり
コレクションになるモノだったり。

庶民的な筥崎宮蚤の市。
怪しげな古物商のおじさん達が多いので
非常に肌にあっています。来場者も然り。

昔は顔なじみのおじさんが数人いて
古いマニアックな工具を並べてくれていました。
ここ数年、見かけてないので寂しいです。
平戸からやって来ていたおじさん。
お元気でしょうか・・・・・・。


けれど、るごろさんやGさん、馴染みの面々と
久しぶりに会えてほっこりでした。

DSCF4829.jpg

DSCF4831.jpg



今回自分が出会えたモノ。
・小さな腕時計の文字盤。
・真鍮の薬匙。
・お馬さんのクシ。
お馬さんの道具をコレクションしてるので
非常にラッキーでした。

DSCF5049.jpg


カエルさんが出会えたモノ。
・造船所での進水式でロープカットに使用されていたオノ。
・レアなシネマカーボン。
・バイブレーター。
・精巧な試験管。

DSCF5028.jpg


蚤の市に行くと
創作のモチベーションがアップするけど・・・。
カエルさんは今回
いつもにも増して
陽性反応が早かったです。

翌日にはバイブレーターは使用可能になり
試験管スタンドが完成。

DSCF5007.jpg

ついでにゲームのコマも。

DSCF5013.jpg

このゲームのコマですが・・・・・。
以前、自分がギャラリー・クオーナさんで
キノコの標本と出会い
その干からびた佇まいが
宝物のサビサビの椅子釘にソックリで
自宅に戻りすぐに
椅子釘を偶然持っていた
フランスのゲームのコマに突き刺しました。

DSCF5036.jpg

 
それをカエルさんに見せたため
キノコではなくコマに反応したという結果です。

木のハンマーは一体
何に反応したのやろか・・・・・・・。

DSCF5014.jpg


そういえば・・・・・・。
鍛冶仕事で着用する革のエプロン制作も
道具制作の方に連鎖反応が起こり
マニアックな道具が次々誕生。
このままでは道具制作で終わると
心配していたけど
無事、年内にエプロンが完成しました。
これで、楽しく新年を迎えれますね。

DSCF5010.jpg

DSCF5009.jpg

べスパ工場なのに
一際目立つトルソーのエプロン。
後ろ姿が超セクシー。

これはやっぱり、ぜひ裸体で。

変態の連鎖反応。

・・・・・・・・。   負けとられんな。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

9cue

Author:9cue
福岡在住。
トイプー3匹&シュナ1匹と
格闘しながら創作してマス。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (2)
9cue (73)
9cue(キャラクター) (36)
frog 9 works (3)
frog iron works (5)
作品展示販売のコト (46)
常設店のコト (5)
ワンコ達 (24)
好きなモノあれこれ (44)
珈琲のコト (11)
本のコト (10)
植物のコト (12)
音楽のコト (9)
日々のコト (61)
未分類 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。