topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photographs - 2015.07.19 Sun

久しぶりに福岡市美術館へ足を運びました。
お世話になっているティノムの店主・田中君が動物がテーマの写真を出品しているため。
動物好きの田中君の写真なので楽しみでした。
期待通り部屋に飾りたくなる素敵な写真でした。

DSCF5733.jpg

DSCF5735.jpg

DSCF5734.jpg


ゴリラ&ゼブラ&チンパンジー。
特にチンパンジーは他人とは思えない不思議な感覚。
自分に似ている・・・・・・。

個人的にはモノクロ写真が好みです。
色がない分裸眼では見ることの出来ない色が写し出される気がします。
田中君の作品の様に琴線にふれる作品に出会うと
写真もいいなぁとしみじみ感じることができます。

福岡市動物園の子達がモデルですが
幼少期より動物を愛し動物園を網羅した田中君だからこその一枚です。

これからも素敵な写真を撮り続けて欲しいです。


モノクロ写真といえば
お気に入りの写真集があります。
ページを開くたびに刺激をもらえ指針となります。
その写真集は・・・・・

DSCF5737.jpg

DSCF5739.jpg

DSCF5738.jpg


ドイツの彫刻家であり植物学者・写真家でもある
カール・ブロスフェルトの植物の写真集です。
植物の茎・蕾・花・葉のクローズアップ写真は
植物の造形美を淡々と余すとこなく写し出し圧巻です。
身近な植物の神秘的な造形にはどんな作品もかなわないなぁと痛感。
植物に学ぶこと多し。
植物を育て観察するのも制作の醍醐味となります。




自分も作品もモノクロ写真で
いい表情が写し出されるたら嬉しいですね。
自分はきっとチンパンジーにそっくりだろうなぁ。
いや・・・・・ゴリラかも。


スポンサーサイト

着生。 - 2014.09.12 Fri

植物達のお世話を秋の風が手伝ってくれるようになりました。
今年の夏は、長雨続きで心配したけど、
我が家の野趣に富んだ逞しい植物達は、可愛い実をいっぱい付けてくれています。
20歳を迎えた時計草も開花しました。

トケイソウ。


食卓の上では、水草達が日々の風景に自然に溶け込んで、
暮らしに彩りを添えてくれています。
魚達は住んでいないけど、自分的にはアクアリウム。
小さな小さなオアシスなのです。

アクアリウム。



先日、我が家に新しい仲間がやって来ました。
ダーウィアラチャームという主に東南アジア原産の蘭です。

ダーウィアラチャーム。



原生蘭は樹木などに太い根を伸ばし着生するそうです。
凛とした佇まい。
揺るぎない意志が伝わってきます。
自然の中で着生するありのままの姿を見てみたい。
美しい自然の造形物。



蘭に限らず、地球上の全植物達は優劣などなくて、
存在そのものが尊く美しいものです。
どんなアートも、きっと植物にはかなわない。
なので余計なスタイリングもデコレーションも必要ないのかもしれません。
それでもあえて、偉大な植物にお力添えして頂く作品を創作中です。
自分が植物に着生させて頂けたらなぁという願いを込めて・・・・・。






マザーリーフ。 - 2014.07.16 Wed

マザーリーフ。


只今、工房パオのよしみちゃんに分けて頂いた葉っぱを水に浮かべ、
育てています。
この葉っぱは、マザーリーフです。
葉っぱからベビーリーフがたくさん誕生することから、
子宝草・ミラクルリーフ・ハッピーリーフ・グッドラックリーフとも呼ばれています。
正式名は、セイロンベンケイソウ。
肉厚な葉からは亜熱帯植物らしいオーラが漂っています。


よしみちゃん自身がお友達に葉っぱを分けてもらい、
ベビーから立派なマザーへと成長させた達人。
植物を大切に育てられる人は、とっても素敵です。
自分は、失敗ばかりです。
植物ではないけれど、
ブームだったヨーグルトキノコを口にすることさえできませんでした。
分けて頂いても枯らすことが多いです。




今回は、共通のお友達も一緒に葉っぱを分けてもらい育てているので、
お互い確認し合いながら、育児を楽しんでいます。
(ベビー達は、イトコ関係となりますね)

↓お友達の家のマザーリーフ↓
お友達の家のイトコ達。




ベビーからチャイルドになったら、
プランターへ移植して、
いつの日かマスカットのようなキュートな花を咲かせ、
よしみちゃんの家で親族集会をするのが目標です。



ペペロミア。 - 2014.04.15 Tue

新緑が眩しい季節です。
古枝からちょこんと顔をのぞかせた生まれたてホヤホヤのベビーリーフに、
生命力を感じます。
野菜のベビーリーフからは、サラダとしてエネルギーをもらっています。



ベビーリーフのようにキッチンにお似合いの植物を育てています。
コショウ科の植物、ペペロミアです。
多肉植物っぽくて、肉厚で、比較的乾燥に強く、育てやすいです。

くるんとカールした葉が、まるでマカロニ。
そのルックス通りの名前を持つ、【ペペロミア・オルバ・マカロ二】です。

マカロニ。



いんげん豆みたいな葉で、思わずもぎ取りたくなるのが、【ペペロミア・ハッピービーン】です。

ビーン。




マカロ二&ビーン。
お鍋に入れたくなる名前です。
一年中、新緑に負けない鮮やかな緑色が魅力。


先日、iroあかりのmatsuさんが遊びに来てくれて、この子達を褒めてくれました。
彼女も、ペペロミアが大好きとのこと。
植物を褒めてもらえると、どうしてこんなに嬉しいのでしょうか。


よく考えてみると、
私の大好きな友人達は、みんな植物と寄り添う暮らしをしていて、植物に関して親バカ全開です。
matsuさんもそのひとり。
なのでmatsuさんと植物の話で大盛り上がりです。
彼女は、玄関先の【セダム・ゴールデンビューティー】を一緒に連れて帰ってくれました。


ゴールデンビューティー。


植物のように眩しい彼女。
しなやかで、逞しく、生命力にいつも溢れたmatsuさんは、
まさに、ゴールデンビューティー。



ビビ。 - 2013.12.18 Wed

毎年、秋に植え付けをする一年草のパンジーとビオラ。
必ずテーマカラーを決めて寄せ植えにします。
ここ数年は、サーモンピンクやアプリコットカラーがお気に入りだったのですが、
今年の秋は出逢えませんでした。

先月、ガーデンショップでワインレッドのビオラを購入しました。
ボルドーのパンジーと一緒に。

ビオラ・ビビ。


ビオラの『ビビ』という品種です。
我が家の長女『ビビ』(トイプー)と一緒の名前。
クリスマスにピッタリなカラーです。
レッドからグリーンへの美しいコントラストが映えるように寄せ植えしました。




チェッカーベリー。


大好きなコントラストのチェッカーベリーも赤い実を付けてくれます。
今年は豊作です。




西洋イワナンテン。


それと西洋イワナンテン。
蕾が可愛いのです。
枝を切ってホーリーの実と一緒に、ビンの中へ入れて飾ってます。
毎年の恒例です。





サーモンピンクとアプリコットのパンジーに出逢えるまで、
まだまだガーデンショップ通いは続きます。
クリスマスまでには、ローズマリーでリースを作ろうかなぁ。
チキン料理でも使えるし。
一石二鳥。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

9cue

Author:9cue
福岡在住。
トイプー3匹&シュナ1匹と
格闘しながら創作してマス。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (2)
9cue (73)
9cue(キャラクター) (36)
frog 9 works (3)
frog iron works (5)
作品展示販売のコト (46)
常設店のコト (5)
ワンコ達 (24)
好きなモノあれこれ (44)
珈琲のコト (11)
本のコト (10)
植物のコト (12)
音楽のコト (9)
日々のコト (61)
未分類 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。