topimage

2015-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンプキンくま。 - 2015.08.23 Sun

20年程前に出会ったドイツのキッチンツール。
最近やっと良い塩梅になったのでブリキの箱に収めました。  

DSCF5946.jpg

馴染みの古道具屋で出会ったこの箱の裏には昭和7年製作と記してあります。
製作者は原田さんという方のようです。
まさにドイツと日本のコラボですが
まさか原田さんも我が家でこの様な形でディスプレイされるとは
想像もされていなかったでしょうね。
80年以上前に製作されたので・・・・・ご健在かどうか・・・・・・。
こんな風に時を経て残ったモノ達には生命力の様なものがあり
ストーリー性も秘めているので魅力的なんです。
ブリキの箱は家宝として今後も愛情を注いでいきますね。

ただ困ったことに同様のモノが我が家にはてんこ盛りで
特にドイツのキッチンツールのお仲間的な
台所道具・調理器具が壁や天井に吊るされてます。

DSCF5956.jpg

DSCF5953.jpg

DSCF5954.jpg

食いしん坊なので眺めているとそれだけで幸せなんですよね。
先日も移転されて益々素敵度がアップしたピクニカさんで調理器具と出会いました。
パンを発酵させる時に使用されたウクライナの古道具です。

DSCF5947.jpg

大戦前に使用されていたモノらしくかれこれ一世紀近く経過したことに。
経年の味わいもさる事ながら温もりがじんわりと伝わってきます。
木の器の中で生地が夢いっぱいに膨らみ美味しいパンになったことでしょう。
ウクライナは現在大変な状況ですがこのように
日本へやって来た温もりのある古道具を愛でながら平和を願います。
ピクニカさんは琴線にふれるモノと出会えます。
大楠に移転されてスープの冷めない距離になり楽しみが増えました。

キッチンツールといえば
カボチャさんを分解する道具に悪戦苦闘中です。
なかなか硬くて手強いカボチャさんの皮。
スッパっと分解できる道具はないかな・・・・・・。
過去に戦いの末に指を負傷したので包丁は要注意です。


作品制作で愛用しているチビチビノコギリはどうかなぁ。
今夜もカボチャさんが夜ご飯に登場予定なのでチャレンジしてみます!
チビチビノコギリを駆使しカボチャクマちゃんは既に作ってます。

DSCF5952.jpg


こちらはオズの魔法使いクマの佇まい・・・・・・。

DSCF5951.jpg


今夜も我が家のワンコ達は大好物のカボチャさんをゲット出来ます。
ワンコ達もカロテン効果で顔色がオレンジになるのかな。
秋に毛をかき分けて確認してみます。

スポンサーサイト

パンプキン。 - 2015.08.18 Tue

ここ最近オレンジ色をよく使います。
過去の作品にはあんまり登場しない色です。
11月の作品展にはこのオレンジ色を纏ったクマちゃんがたくさん登場予定です。

DSCF5939.jpg

オレンジ色といってもその色幅は広くて
自分は何色も混ぜて好みの色に仕上げています。
苦手な色を好きに変える工夫です。

自分の好きな色はグリーンです。
モスグリーン・カーキ・・・・・アースカラー系が特に好きです。
服もカーキが多いです。
けれど実はオレンジ色がラッキーカラーだと勧められた経験があります。
確かにオレンジ色を使うとパワーが溢れてきますね。
そう考えると大好きなグリーンを纏いオレンジの魂を持つモノがラッキーアイテムとなります。

それはカボチャさんですね。
夕張メロンは高くて手が出ないのでカボチャさんをたくさん摂取します。
今年の夏はオクラ&カボチャさんづくし。
おかげで例年通り手の平は赤く染まっていますが。赤錆の手です。

カボチャさんはワンコ達の大好物でもあるのでいいことづくし。
カボチャさんはワンコ達にもパワーをもたらしてくれます。

カボチャさんがおやつの場合・・・・・・
特にティンクは積極的になります。

DSCF5918.jpg

DSCF5899.jpg

DSCF5927.jpg

DSCF5928.jpg

DSCF5929.jpg



ジギーは全身でアピール。

DSCF5916.jpg



それを見て冷静に待つことにしたティンク。

DSCF5932.jpg



やっとカボチャさんにありつけた幸せ一杯のティンクです。

DSCF5937.jpg



パンプキンさまさまです。
秋の収穫祭・ハロウィンにはワンコ達と一緒に感謝のパーティです。


ルーツ。 - 2015.08.16 Sun

先日iroあかりの店主・マツさんが久しぶりに遊びに来てくれました。
いつも眩しい笑顔と一緒にたくさんの手土産も運んでくれます。
特にマツさんのお母さんが自宅のお庭の畑で育ててあるお野菜。
お母さんの愛情の栄養をたっぷり吸収してすくすくと立派なお姿に。
自分の大好物のオクラさんも超巨大。

DSCF5884.jpg

右端のオクラさんはいつも食べているサイズ。
このサイズも店頭ではなかなかのモノですがお母さんのオクラさんは
茄子さんに近い風格です。味も最高!!!
こんなに美味しいオクラさんは初めて。
オクラさんの他にも茄子・トマト・パプリカ・・・・・そしてゴーヤさんも頂きました。
どの野菜も本当に美味しくてマツさんが羨ましい。
お母さんに感謝ですね。幸せなことですよ。

マツさんのお母さんは元気一杯でとってもチャーミングな女性です。
親子そっくりで微笑ましい。
なのでゴーヤさんの育て方も斬新で・・・・・・

DSCF5887.jpg

迷子にならないように紐つきです。
実はゴーヤさんを今回初めて食べました。
昔からゴーヤさんのボコボコしたルックスが苦手で
爬虫類に見えるという理由から。

お母さんのゴーヤは紐つきだからペット感もアップです。
それでも娘のリクエストに応えてゴーヤチャンプルに挑戦!
頑張りました。
きっとゴーヤを口にするのもこれが最初で最後です。
ジュラシック・ワールドを観に行っても恐竜の尻尾がゴーヤと重なり
ペットになった恐竜を連想しました。
ストーリーもそんな感じだったし。

おごり高ぶった人間はほぼ恐竜に喰われます。
恐竜をゴーヤ呼ばわりする自分もきっと喰われます。
それにしても恐竜には果てしない夢を感じます。
やっぱりティラノサウルスは手が短いけど最強です。
そのルーツを辿るのもワクワクします。

お盆には滅多に会う機会のない遠方の親戚に遭遇出来ます。
お互い年取りましたねぇ。
年取ると皮膚や骨格が似てくるんですね。
自分のルーツを辿りたくなりますね。
親戚からは昔から異端児扱いされてきたけれど
生物学・遺伝学的には間違いなく皆さんのお仲間です。
突然変異した結果かもです。

ジュラシック・ワールドではDNAを操作し新種の恐竜を誕生させていましたが
自分はそんな複雑な生物ではありません。
どちらかといえばゴーヤに近いと思いますよ。
今年のお盆は原点回帰になりました。

あ・・・・・マツさんがフクロウ達を連れて帰ってくれましたよ。
赤いフクロウです。ダルマの様になりました。

DSCF5880.jpg


こちらも突然変異の生物ですね。
マツさんがとっても喜んでくれたので新種として登録してみようかな。
最近つくづく感じるのは
心地良い関係を築ける人達とはそのルーツを辿ると
きっとどこかでリンクするのではないかということ。
共通するのは 皆さん突然変異であること。




収まる。 - 2015.08.09 Sun

出版のお祝いにとプレゼントされた宝物。

DSCF5873.jpg

昭和初期に製造されたブリキの玩具のピストル。
この思いがけない素敵なプレゼントに
まさにハートを射止められました。
このピストルを収めるボードを制作しいつでも眺めれる場所に。
一緒に並べたかった宝物。

DSCF5874.jpg

父が昔・・・・・きっと昭和中期に制作したピストルの弾丸のようなハンマー。
色合いも風合いもピッタリンコ!

DSCF5875.jpg

父の弾丸ハンマーは玩具のピストルと仲良く収まる運命だったのでしょう。
収まるところに収まった。



収まるといえば以前ご紹介した古道具・るごろさん制作の箱。
機能美に溢れた賢い箱。

DSCF5869.jpg

るごろさん規格サイズの箱は自分にもピッタリサイズ。
また5箱購入することに。
収納が本当に楽しくなります。
絵の具もピッタリと収まってくれました。

DSCF5878.jpg

膨大な絵の具をスタッキングして収納出来ます。
それとCDも。

DSCF5871.jpg

この箱に使用している古材も昭和初期の建材です。
なので愛着も増します。
宝物もしっかり収めてくれています。



人もいつかは箱に収まるけれど
人生簡単に収まってしまうのは勿体無いな。
自分が箱になって色んなモノを吸収したいです。
まだまだ箱の中身はスカスカ。
外見だけはもろ昭和。


カエルさんとクマさん。 - 2015.08.02 Sun

早いものでもう8月。
梅雨明け宣言からの猛暑続きでワンコ達も夏バテ気味です。
やぶ蚊と戦いながらの植物への水遣りも始まりました。
野趣に富んだ感じが好きなのが災いし
雑草と山野草となんやらかんやらに覆われて廃屋の佇まいに。
特に今年のへクソカズラは元気いっぱいです。
へクソの香りは我が家の夏の風物詩なので成長を温かく見守っています。

今年の夏は11月の作品展へ向けてクマさんをコツコツと制作中です。
カエルさんもスプーンを頑張って制作してくれています。
秋の楽しいイベントに向けて2人の夏は更にホットに。

そういえば・・・・・
自分は彼のことを”カエルさん"とこの様にブログで紹介していますが
普段はカエルさんとは呼んでいません。
カエルさんは自他共に認めるカエル好きであるためこの愛称となりました。
つまりですよ・・・・・
超犬好きの自分が”イヌさん”と呼ばれる感じですね。
そうそう・・・・・魚好きの”魚君”的な感じですね。

実は自分は人間ではなく本家本元両生類のカエルが超苦手で
”カエルさん"と呼ぶのにかなりの抵抗があります。
そもそも・・・・・カエル自体呼び名が恐ろしいですね。
アマ・イボ・ウシ...・・トノサマまで。
特にウシガエルは恐ろしいです。 カエルなのにウシですよ。
しかもウシガエルは食用ガエルのことです。
人間のカエルさんの幼少期のペットにもなったらしいです。

自分がカエル嫌いになったのは幼少期に
ペットのオタマジャクシが半カエルに変身した姿を見たのがきっかけです。

それでも昔に比べると随分カエルに友好的になったつもりです。
人間のカエルさんはウシというよりクマっぽいですね。
巷で人気のクマさん男子とはちょっと違うんですけど。
得体の知れないクマさんです。カエルクマです。


そんなこんなでカエルクマを制作してみました。
といっても・・・・・顔が緑色をしているだけですが。

DSCF5842.jpg



他にもなんちゃってくまさんも色々と制作中です。

DSCF5837.jpg

DSCF5838.jpg



クマさんとスプーンがたくさん完成する秋には
へクソカズラも赤い実が鈴なりです。
頑張るゾ~っ!!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

9cue

Author:9cue
福岡在住。
トイプー3匹&シュナ1匹と
格闘しながら創作してマス。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (2)
9cue (73)
9cue(キャラクター) (36)
frog 9 works (3)
frog iron works (5)
作品展示販売のコト (46)
常設店のコト (5)
ワンコ達 (24)
好きなモノあれこれ (44)
珈琲のコト (11)
本のコト (10)
植物のコト (12)
音楽のコト (9)
日々のコト (61)
未分類 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。