FC2ブログ
topimage

2020-09

繕うコト。再生するコト。 - 2013.06.16 Sun



かえるさんが、ブリキのトレーを繕ってくれました。


ブリキのトレー。


おかげで100年くらいは働けそうな頑丈なトレーに。



モノへの慈しみが深い彼にとっては、自然なコトです。
なので、彼を頼りに方々から、
救いを求めるモノ達が集まってきます。

“もう無理っぽい・・・・廃棄かなぁ。”
と呟きながらも、
最終的には完璧に繕われ、
前よりも立派になり主の元へ帰ってゆくのです。


『なんとかしてあげたい』モノへの慈しみがなせる技。
だからこそ、0から新しく創造することもできるのです。




最近つくづく、古道具と呼ばれるモノ達は、
すべからく時代を生き残ってきたわけで、
何かしら不思議な力を備えていると感じています。


割れた器を繕う金継ぎという仕事があります。
金継ぎを施され、金のラインが入った器は、
新たに深みのある表情を見せ、存在感が増します。
慈しみを受け自信たっぷりの表情に見えます。
“繕うコト”の素晴らしさを実感します。





モノの再生もかえるさんにとっては、自然なコトです。
近所のスーパーから届いたりんご箱が、
いつの間にかレコード収納棚に変身していました。


りんご箱。
 







レコード箱。


りんごの木箱にもきっと生き残る力があったのです。






かえるさんの本業は、
1950年代のヨーロッパの古いバイクを
極限までオリジナルに近い状態まで修復し、
再生するコト。



気の遠くなる様な作業は、どことなく名画の修復に似ています。
人がモノを慈しみ、そのモノが答える力を備えていたなら、
また再生し後世まで残ってゆくのだと思います。


・・・・・。
繕い 進化し 新たに再生
しちゃいました!








60年前のランブレッタ。
イタリアからイギリスへ渡り、
イギリスでかえるさんと出逢い、
日本へ。
一部だけでも、絵になる存在感。
ものすごく可愛いです。

ランブレッタ。


かえるさんの優しい手で繕い再生され、
もっともっと可愛くなって走り始めます。






あ、繕うといえば、
生まれて初めて整体院通いをしています。
こればかりは、かえるさんもお手上げです。
古くなると、メンテナンスも大切なんだなぁ・・・・。







スポンサーサイト



白いTシャツとジーンズと音楽と。 «  | BLOG TOP |  » あぐりさんの待合室。

プロフィール

9cue

Author:9cue
福岡在住。
トイプー3匹&シュナ1匹と
格闘しながら創作してマス。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (2)
9cue (73)
9cue(キャラクター) (36)
frog 9 works (3)
frog iron works (5)
作品展示販売のコト (46)
常設店のコト (5)
ワンコ達 (24)
好きなモノあれこれ (44)
珈琲のコト (11)
本のコト (10)
植物のコト (12)
音楽のコト (9)
日々のコト (61)
未分類 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR