FC2ブログ
topimage

2020-09

やっぱりブライアン。 - 2013.08.07 Wed




先日、2歳下の妹が
愛犬のマロンと一緒にやって来ました。



マロン。と、その後ろに居るのは・・・


マロンは、
中学1年生になる姪っこに、
私がプレゼントしてあげたわんこ。
姪っこが小学5年生の頃です。
わんこが欲しくて、
ずっとぬいぐるみを抱っこしていた姪っことの約束でした。


私のことを
幼児時代からずっと“変人”だと警戒し、
近づいて来なかった姪っこも
最近はちゃんと目を合わせてくれます。


まさに、マロン効果です。


驚いたことに、
あんなにわんことの暮らしに乗り気じゃなかった妹が、
今ではマロンを溺愛しています。
無理やりプレゼントしたけど、
よかった よかった。







妹がやって来た時、
ブライアン・アダムスの曲が流れていました。

『ブライアンが好きっちゃん』
と伝えると、
『昔の彼氏が、ファンで一緒に聴いていたよ』
と答えました。


初耳でした。

妹が20歳の頃・・・・
1980年代は、
まさにブライアンブームの真っ只中でした。
妹にとってもブライアンの曲は、
甘くて切ない青春の想い出だったのです。




流していたのは、
『Bare Bones』というライブアルバムです。
Bare Bones(必要最小限)というタイトルで
2010年に発表されました。
彼が51歳の時です。


Bare Bones


アコースティックギターとピアノとハーモニカだけで奏でられた
アメリカ・カナダでのツアーライブが素晴らしいと称賛され、
リリースされたものです。
2曲目の“Here I Am”が、とにかく大好きです。
何度聴いたことか・・・。



1997年に発表された『MTV・アンプラグド』も至極の1枚だったけど、
『Bare Bones』は、
これを超えています。
大人の渋さと余裕が感じられます。
よく無人島に1枚だけアルバムをもっていけるなら?
という質問がありますが、
迷うことなくこのアルバムです。




ブライアンの曲のおかげで、
世界中の恋人達の間にたくさんのキスが生まれたと言われています。
『Bare Bones』は、
そんな彼の集大成です。

ああ、かっちいい。

やっぱりブライアン。






スポンサーサイト



ハトのこと。 «  | BLOG TOP |  » パンツのコト。

プロフィール

9cue

Author:9cue
福岡在住。
トイプー3匹&シュナ1匹と
格闘しながら創作してマス。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (2)
9cue (73)
9cue(キャラクター) (36)
frog 9 works (3)
frog iron works (5)
作品展示販売のコト (46)
常設店のコト (5)
ワンコ達 (24)
好きなモノあれこれ (44)
珈琲のコト (11)
本のコト (10)
植物のコト (12)
音楽のコト (9)
日々のコト (61)
未分類 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR