FC2ブログ
topimage

2020-09

多肉植物のコト。 - 2012.10.25 Thu

キッチンの出窓の多肉植物。
カランコエに赤ちゃんが誕生した。
小さくて可愛い芽。

赤ちゃんカランコエ

カランコエは多肉植物の中でもかなりデリケートな植物だ。
寒がりの暑がり。
だから赤ちゃんを発見した時、とても嬉しかった。
枯れそうだったのに、強い生命力。






多肉植物

その不思議な形が大好きで、ほぼ全品種と言っても過言でないくらい育てた。
ところが、我が家には少ししか存在していない。
枯らしてしまいました。
どの子も干物みたいになって。
愛情の押し売り・過干渉が災いとなった結果です。
反省  反省。


もともと多肉植物は逞しい植物。
南西アフリカとその周辺、
南北中米を中心とした雨量が少なく乾燥していて、
日中と夜間の寒暖差が激しく、
雨季と乾季がある厳しい環境で生き抜く為の知恵を身に付け進化した植物。
インテリアブームの脇役として日本に連れてこられた。
可愛いからといって甘やかしたらダメになってしまう。
水加減・・・・つまり愛情のさじ加減が非常に難しい。
わんこを育てるのも一緒。(我が家の4匹はおバカ犬。)
人間だって、
自分は勿論子ども達にも、
多肉植物みたいな知恵と逞しい精神力を身に付けて欲しいと思う。
本当に難しい永遠のテーマ。


特にお気に入りの品種はセダム。
種類も多く比較的寒さに強くて育てやすい。
日光が大好きなので、外ではそれなりに育ってくれている。
挿し芽でもどんどん増やせる。
そんなセダムでも室内では干物になってしまう。
干物状態のまま頑張ってくれてる健気な子もいる。
日光不足のダイニングテーブルの上と玄関では、
何度トライしても全滅
とても可哀想なコトをした。
反省  反省。
これ以上犠牲者を増やしてはいけない。
この場所ではセダムは育てられないなぁ・・・・・。










~月日は流れ~


偶然セダムに出会った。
雑貨屋さんのリボンの陳列棚にポンと横たわっていた。
セダムの中でもグリーンペットに似たなかなかのルックス。
かなり肉厚で健康そのもの。

そっと触れてみて、驚嘆した。
造り物だった。
どこから見ても本物。
ちゃんと呼吸しているように見える。
すごい技術だ。
”ニセモノの多肉植物なら枯らすコトもないなぁ”



その日から枯れることなく、暮らしに彩りを与えてくれている。

ニセモノ多肉Ⅰ。

ニセモノ多肉Ⅱ。


植物は本物を育てるコトが望ましいけど、
全てのモノ達と同じで、
愛情をいっぱい注げられるならば造り物もありだと思う。
『・・・でなければならない。』の暮らしはとても窮屈だ


器は作家モノもあり¥100shopもある。
オーガニック中心だけどチキンラーメンも食べる。
・・・・などなど。

四角四面にならない遊び心。
いつでもニュートラルなハートでいたい。
いろんなコトにいっぱいトキメキたいから。






名前も知らない多肉植物。

ヘンテコ多肉

ヘンテコなこの子だけは何故か元気に育ってくれている。
取り扱いも不明だから、そっとしている。
この距離感がいいのかも。




ヘンテコなモノは本当に魅力的だ。
人間も同じだなぁ。




スポンサーサイト



古道具屋のおじいちゃんのコト。 «  | BLOG TOP |  » 帽子のコト。

プロフィール

9cue

Author:9cue
福岡在住。
トイプー3匹&シュナ1匹と
格闘しながら創作してマス。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (2)
9cue (73)
9cue(キャラクター) (36)
frog 9 works (3)
frog iron works (5)
作品展示販売のコト (46)
常設店のコト (5)
ワンコ達 (24)
好きなモノあれこれ (44)
珈琲のコト (11)
本のコト (10)
植物のコト (12)
音楽のコト (9)
日々のコト (61)
未分類 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR